しっかりと眠ることが一番の対策

夜間に働いている方の多くは眠気対策として、ミントガムの刺激やコーヒーに含まれているカフェインなどに頼っていたりしますが、それよりも大切であるのは生活リズムを夜型に変えてしまうことです。人間は基本的に夜に寝て朝起きる生き物ではあるものの、リズムが逆転したときには「夜に眠りたくても眠れない」という現象に悩まされることになります。つまり生活リズムが夜型になりさえすれば、日勤と夜勤とでの眠気の差というのはほとんどなくなるのです。生活リズムが夜型になっているにも関わらず、眠くなってしまうことを常に夜勤のせいにする方も中には見受けられますが、その眠さの原因は夜だからというわけではなく勤務内容やモチベーションの問題だったりします。同じ動作を延々と繰り返すような単純作業の場合であれば夜間のお仕事でなくとも眠気に襲われますし、それこそミントガムやコーヒーに頼るくらいしか方法は見当たりません。もしも眠くなってしまうのを夜勤のせいとばかり考えている方がいらっしゃるようであれば、まずは生活リズムを変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。快眠できれば夜勤も辛くなくなりますよ。むしろ夜のほうが目が冴えて作業に集中できるというタイプの人間もいるくらいですので、苦手意識さえ持たないようにすれば夜間の眠気をそれほど厄介に考える必要はないのです。ただし生活リズムが逆転するということは決して体にはよくありませんので、体力がある人か若い人にしかおすすめできません。年齢を重ねると、昼夜逆転の生活を続けていたせいで、いろいろな病気にかかってしまうので、どこまで続けるのかも考慮しながら働きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です